学校法人信愛学園 認定こども園 大浦信愛幼稚園

幼稚園からのお知らせ

令和3年度 入園願書配布開始!
令和3年度 入園願書配布開始しました。10月1日(木)~平日:8:00~17:00
詳しくは入園案内のページをご覧ください。NEW
日程変更のお知らせ
4月から開始を予定していました、子育て支援の親子教室と、2歳児クラス「てんしぐみ」は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、5月に延期させていただきます。
親子教室の開始は、
たんぽぽぐみ(2歳児~)5月12日(火)より、
つぼみぐみ(0,1歳児)5月14日(木)より開始いたします。
園庭開放は5月15日(金)開始です。
2歳児クラス「てんしぐみ」は、5月11日(月)より開始いたします。
状況次第で延期も考えられますので、ご了承下さい。その際はブログでもお知らせいたします。

本園の教育

イタリアの医学者であり教育者であるマリア・モンテッソーリ女史(1870~1952年)は「幼児期、特に2才半から6才までの感覚の敏感な時期に、適切な環境と、援助が与えられなければ、人格形成に欠陥を生じる」ということを発見し、この事実を教育の現場に活かして、医学界、教育界から注目される教育方法を編み出しました。
当園は、このモンテッソーリの精神に基づき、子どもの個性を伸ばし、能力を開発し、心身の健全な発育と豊かな人格形成を目的として3才から6才児たちに、モンテッソーリ保育による個別指導と、一斉保育による横割活動を行っています。
教育内容は、日常生活練習、感覚教育、言語教育、数教育、文化一般の諸領域にわたって、子どもたちが自発的に学べるように、保育室に教材を整え、各コーナーを設けています。
そこで教師は、大人の考えで外側から教え込んだり、押しつけたりするのではなく、子どもの中にすでに自然に備えられている大きな力(成長発達を促す原動力=生命)を大切にし、それに従って子どもが自ら成長していけるように手助けします。
このようにして当園では、人間の大切な生命を正しく刺激し、充実させることによって、自分自身の力でたくましく生きようとする子どもたちを手助けする教育に取り組んでいます。
神さま、あなたの神聖なご意見に従って、子どもたちに奉仕する私たちを、助けてください! 
(マリア・モンテッソーリ)

認定こども園とは

『認定こども園』とは、これまで別々の基準で行っていた保育所と幼稚園の基準の両方合わせ持ち、これからの新しい保育ニーズに対応させることを目的とした保育施設を指します。
子どもたちの「教育」「保育」「子育て」を総合的にサポートする他に、子どもが認定こども園に通っていなくても、「子育て相談」や「親子の集いの場」を保護者に提供します。

アクセスマップ